時期でこんなに違う???これだけ違う値段の差

格安航空券は時期による差が大きい

格安航空券使って旅行をするときに考えておきたいのが利用する時期をいつにするかということです。格安航空券は年間を通して同じ値段で販売されているわけではありません。基本的には利用者が多い繁忙期には航空券代を引き上げ、あまり利用者がいない閑散期には航空券代を引き下げています。これは航空会社としては満席にしてフライトを提供するのが最も利益を上げるのに良い方法だからです。そのため、空席が多くなりやすい閑散期には航空券代を下げて、その魅力に気づいて利用したいと思う人を増やそうとしています。夏休みや年末年始のような繁忙期に比べると6月や11月などの閑散期には航空券代が半額程度まで下がることがあるのが実情です。

同じ時期でもタイミングで違う

旅行に行きたい時期は決まっているという場合でも、買うタイミングによって価格が異なることも覚えておくと役に立ちます。基本的には格安航空券の価格は空席数と搭乗日までの残日数によって変動する仕組みになっているのが特徴です。残日数が少なくて空席が多いとなると価格が下がっていきます。逆に、売り始めた当初からあっという間に売れてしまって空席がほとんどないという状況になると搭乗日が近くなっても価格はほとんど下がることはありません。団体客が購入したことによって値段が急激に上がる場合もあるので予測するのは難しいこともあります。しかし、値段の推移を大まかに追っていると安く買えるタイミングを見極めることができるでしょう。